生活情報誌

http://mylittlepakora.com

コインパーキングへの需要

コインパーキングへの需要

最近になって、コインパーキングへの需要が高まっています。
ですからコインパーキング運営を今、行うのはメリットが大きいと言えます。
なぜコインパーキングへのニーズが高まっているかと言うと、法律の改正が大きく関係しています。
2006年に道路交通法の改正によって、違法駐車に対する取り締まりのようかが実施されています。
警察だけでなく、駐車監視員と呼ばれる民間の監視員に業務委託が行われるようになって、取り締まりの強化に向かっているのです。
しかも短時間違法駐車のスペースの中に駐車しただけでも、取り締まりの対象になります。
駐車違反の切符をきられると罰金を支払わないといけません。
駐車違反になるくらいであれば、コインパーキングに入れたいと感じている人が多く、ニーズが高まってきているわけです。
特に重点路線や重点地域と呼ばれる、駐車監視員が多く歩きまわっている地域があります。
このような地域は、繁華街や駅前であることが多いです。
このため、駅前や繁華街の方ではコインパーキングに対する需要が高まってきています。
もし都市部にどのようにして使おうか迷っている土地があれば、コインパーキング機械のために活用すると利益が挙げられるかもしれません。

コインパーキングの幅

コインパーキングの幅

コインパーキングは当然のことながら、道路に接しています。
この道路との接触している所の間口の幅にも注意を払いましょう。
自動車が入庫と出庫するのが同時のタイミングになってしまう可能性があります。
すれ違うことのできるスペースが確保されていないと、どちらかが待たないといけなくなりますので、厄介です。
そこで少なくても、コインパーキングの間口の幅として5メートル程度は必要と思って下さい。
通常普通自動車2台がすれ違うためには、4メートルの幅が必要だと言われています。
それよりも1メートルも余裕が必要なのには、理由があります。
コインパーキングの中には、曲がりながら侵入もしくは退場することがあります。
この角度分の余裕が必要と言うことになると、どうしても5メートル程度の間口が必要になるわけです。
もしも事故が起きてしまうと、この事故に関してコインパーキングの所有者であるあなたには責任が生じません。
当事者同士の責任ではあります。
しかしあまりに事故が頻発するようなことになってしまうと、危険だから利用するのはやめようという意識が働く可能性もあります。
ですから、安全性を高めるためにも、一定の間口の広さが必要であることは認識しておくべきです。

その地盤保証会社はいい会社か。

段々と、私達の社会では、地盤保証について意識するようになって来たのではないでしょうか。
それは、保証料金がかかる問題ではあります。しかし、ここで、良い地盤保証会社を選択する意識とは必要になるのではないでしょうか。
実際に、地盤保証とは、建築会社が加入するものであり、建築主は、客観的になり、それほど注視もしなくなってしまうのかもしれませんが、地盤改良が、それほど必要ないのに、必要と判断されてしまったり・・・。
確かに、地盤改良の必要のない地盤もあるにも関わらず、地盤改良工事を起こってしまうケースもあるといわれているのです。
もし、地盤改良工事を行った場合には、地盤保証会社は、不同沈下が起これば、補修費用を出さなければならないです。
必要ないものであっても、地盤改良工事を行うことで、リスクはより最小限に抑えることが出来、地盤改良という利益を得ることも出来る訳ですからね。
やはり、地盤保証会社は万全を求めるゆえ、必要がないと想定される場合でも、地盤改良を工事を行う方向性に向かってしまうものなのではないでしょうか。
良い地盤保証会社を選定しなければ、その実際に難しい判断を、すぐに、地盤改良工事へと結びつけてしまう業者もあるといわれています。

スウェーデン式サウンディング試験

地盤調査の主な方法は「スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)」「表面波探査法」「ボーリング・標準貫入試験」の3つがあります。
その中でも現在、広く行われているのが「スウェーデン式サウンディング試験」です。
スウェーデン式サウンディング試験とは、スクリューポイントと呼ばれるドリルの刃先のようなが、どれくらい地盤に沈んでいくかをみる方法。
最初、工法名の由来ともなったスウェーデンで行われ、その後1970年代に日本にも普及しました。
この方法のメリットは「費用が安い」「建物が立っていても調査可能」などがあります。
簡単に試験が行われるため、戸建住宅の着工前の地盤調査では一般的な方法になりました。
ただ人の手によって調査が行われるため、調査員の質によって結果に誤差が生じることがあります。
地盤調査は、家屋に長く安心して暮らすために重要になります。
もし不同沈下などを起こすと、雨漏りや外壁・内装の亀裂、そして最悪の場合家屋の傾きなど看過できない問題に発展。
家屋の建設の際、何十年というローンを組んむ方が多いかと思います。
その調査方法にも精通することで、業者任せではない安心感のある家屋の建築が可能になると言えます。

3つの地盤改良工事

地盤調査の結果、地盤改良が必要と判断される土地は、建物の重さに耐えられない軟弱な地盤であることが多くあります。
その地盤を強固なものとし、使用できる土地に変えていくのですが、住宅建設時の地盤改良工事の方法は主に3つです。
「表層改良工法」「柱状改良工法」「鋼管杭工法」が、それぞれ下記のような違いにより工法が使い分けられています。
まず、表層改良工法ですが、その工法の名前通り、地盤の表面を良くする方法です。
セメントなどを使用し、軟弱地盤が2メートル以下の場合、表層改良を行うことが多くあります。
次に柱状改良工法です。
この方法は、地面に柱状に深い穴を掘って、そこにセメントを加えます。
2メートル以上5メートル以下程度の軟弱な地盤で広く実施され、柱状のセメントが支えとなり頑丈な家を建てることが可能となります。
最後に鋼管杭工法ですが、6メートル以上にわたって軟弱地盤が続いている場合に。行われる方法です。
鋼製の杭を地中深くに打ち込み、それを土台として家を建てていきます。
どの工法も、土地の調査の方法を誤ると、上手くいかず不同沈下を起こすこととなります。
地盤改良がうまくいくためにも、土地の地盤調査は重要であると言えそうです。

© 2014 生活情報誌

Up ↑